にぎぐん速報

新世界レジェンドウィニー

カテゴリー "UNO" の記事

[これまでの経緯]
1回100円地獄の賭けタイマンUNO

[UNO長野ローカルルール]
[1.基本事項]
1-1.紳士的なプレイを心掛ける。台パン・煽りは空気を読んでからプレイすること。
1-2.プレイ順は何らかの方法でランダムに1人のプレイヤーを選出し、そのプレイヤーを起点に時計回りでプレイする。
1-3.数札のプレイ・初手等、基本的なルーリングは公式ルールと同じである。
1-4.自身の手札が残り1枚になる瞬間に高らかに「UNO!」と宣言しなければならない。次のプレイヤーがカードをプレイする前に他プレイヤーに指摘された場合は、ペナルティとして2ドローをする。

[2.順位・ポイント]
2-1.公式ルールでは一人目が上がった時点で終了だが、最後の一人になるまで続ける。
2-2.大会等でポイント制になるときは1位に人数分のポイントを与える。
(例:プレイヤーが5人の場合1位に5ポイント、それ以下4,3,2,1となる)

[3.禁止事項]
3-1.入れ知恵(口プレイによるペナルティ2ドロー)は無効。口プレイは特に問わないものとする。
3-2.「チャレンジ」宣言は不可。また、ワイルドドロー4のプレイ制限も無し。
3-3.ワイルドカードによるアガリ。ペナルティとしてプレイした後に追加2ドロー。

[4.ドロー2・ワイルドドロー4]
4-1.ドローカードに対してドローカードをプレイすることは可能。この場合、ドローカードの処理がスタックに残り続け、ドローカードをプレイ出来なかったプレイヤーが蓄積された枚数分、カードを引く。
4-2.ワイルドドロー4とドロー2は捨て札にあるときは同名カードとして扱う。(宣言青のワイルドドロー4に対し赤ドロー2をプレイ出来る)
4-3.ワイルドドロー4とドロー2を同時にプレイすることは出来ない。

[5.ドローステップ]
5-1.自分のターンにカードをプレイする前にカードを1枚引いてもよい。
5-2.自分のターンにカードを引いたとき、プレイヤーはそのターン中カードをプレイする場合は、引いたカードを含まなくてはならない。

[6.リバース]
6-1.残りプレイヤーが2人の時、リバースはスキップと同じ効果になる。
公式ルールに同様の記述があるが、知名度が低い為、ローカルとしても記述する。

[7.オープン]
7-1.いずれかのプレイヤーが《0》をプレイした時、それ以外のプレイヤーはその時点での手札を全て公開する。(その後引いたカードについては、オープンの対象に含まれない)

[8.アガリ時の処理]
8-1.ドロー2でアガった時は、ローカルルール4-1を適用し、スタックに乗っているドローカードの処理が終わるまでアガる事が出来ない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。