FC2ブログ

にぎぐん速報

新世界レジェンドウィニー

大明神ゾルゲ(仮)

新殿堂のフラゲが出たからもうそっちで調整中。
次の環境はTier1ネクラ、Tier2各種コンボデッキと予想し、それに合わせて構築をしている。
現在はネクラボルバル、ランデスボルバルを調整中。やっぱボルバル系列のデッキはおかしい。
今日のデッキは自分の中で結論が出て、調整をやめたデッキだからあんまり強くないかも。そこら(なんとかぼーると)に転がってるレシピよりは普通に強そうだけどね。

[レシピ]
//10 初動
4 x 霞み妖精ジャスミン
2 x フェアリー・ライフ
4 x 青銅の鎧

//17 繋ぎ
4 x ドンドン吸い込むナウ
4 x トリプル・ブレイン
2 x サイバー・N・ワールド
3 x 超次元ムシャ・ホール
4 x 超次元フェアリー・ホール

//11 暴力
3 x 激流アパッチ・リザード
4 x ボルバルザーク・エクス
4 x 偽りの名 ゾルゲ

//2 ノイズ
2 x 陰陽の舞

//8 異世界
4 x ヴォルグ・サンダー
1 x 遊びだよ!切り札一家なう!
1 x ガイアール・カイザー
1 x 魂の大番長「四つ牙」
1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃



[解説]
一般的な紅蓮ゾルゲを前のめりにしたもの。
具体的に言うと、ゾルゲを見せびらかし圧力を掛けつつ、エクスアパッチガイアールで押し込む形。
一応ゾルゲは決まることには決まるんだけど、現環境このアーキタイプをメタらない理由が無いからまず決まらないと考えていい。
だからゾルゲの勝ち筋プラスもう1本太い勝ち筋が必要で、エクスアパッチからの大型SAを投下することを選択した。
同じくヴォルグを4体同時に投げて、なおかつ黒が採れる(=紅蓮ゾルゲに強い)ザビミラ系列との差別化を考えなきゃいけないんだけど、ワンショット以外の勝ち筋が細いザビミラ系列のデッキとはしっかり差別化できてるからクリア。

初動は10本。3ターン目に吸い込むなうを打つ必要が全く感じられないから、メインのブーストに青銅をピック。ジャスミン4ライフ2の比率は、10マナで刃が居ますー、ハンドにゾルゲがありますーでジャスミンからバスケルートに入れるからジャスミン優先で採った。

このデッキはランドを伸ばして上から引いたものを叩きつけるデッキだから、ドローソースは限界まで投入。
ここの枠が吸い込むなう4は確定で残り6枠なんだけど、対同系を考えたときNのタイミングが相手の大番長の直後で、どう考えても不利にしかならないからトリブレを優先。青銅フェアリーホール大番長Nが出来れば強いんだけど、相手が大番長を投げた時点でプレイできるカードでは無くなるからリスクが大きすぎる。

ホールの選択は特に書くことは無いんだけど、アパッチ含め10枠あったからまずフェアリーホール最優先で残りを半々。
どちらかが2以下だと勝ち筋が細くなるからね。あとムシャホールはマグナム割れて強い。

デッキの勝ち筋は限界まで投入、以上。

最後にノイズの《陰陽の舞》なんだけど、実はこれはゾルゲの勝ち筋じゃなくて、どちらかと言うとエクス寄りの勝ち筋。
ランドにこのカードがあったら相手はゾルゲや刃を優先して処理しなければならず、処理しきれなくなったエクスに添えてプレイすると殴りつつ詰められる。
個人的にこの枠は3積みたいくらいなんだけど、ギリギリまで枚数を調整してあるからきつそう。


[結論]
ザビミラの欠点が勝ち筋が細いだけなんだから、エクス採ればいいんじゃない?
こうして俺は、ゾルゲを練るのをやめた――。多分ジャンドザビミラ強いよ。
スポンサーサイト